So-net無料ブログ作成

ショートソング [短歌]



ども、若崎しおりです、ひさびさ更新。

枡野浩一さんの「ショートソング(集英社)」に歌が採られたため、
謹呈本を集英社さんが送ってくださいました。
うれしいうれしい。すりすり。

主要なふたりの女性たちの、凛としていて芯の強いところが印象的な
ラブストーリーでした。
吉祥寺の街を、今度は違う気持ちで歩くことができそう。

短歌をもっと作ってみたいと思い、
「かんたん短歌の作り方―マスノ短歌教を信じますの? 」を
アマゾンにて注文。
本日届いたので熟読し、ぶつぶつ五七五七七をつぶやいています。
面白くて面白くて、面白い!

***

短歌連作:恋人たちは

長すぎて覚えられない万能の呪文のようにあなたが好きよ

前向きに回る速度だ自転車の風の高みを君に会いに行く

昼酒を大手を振って飲めるからカフェのこじゃれたすべてを許す

ケーキとか花とか洒落たカードとか嫌いな君が生まれた日だね

「あなただけ好きでいたい」は「死にたい」に少し似ていて待つのは苦手

不機嫌を怖がる僕の遺伝子が遅刻魔なのは僕にも不思議

あやまられイライラつのる わからずや愚直と真摯とは違うでしょ

言い訳を100も200も考える僕のガッツに今日は免じて

「これ以上なにが欲しいの」涙目で聞くならまずはヒゲ剃ってきて

持ち越せないものを大事にしちゃうから君は毎日さびしいのかな

正論で攻めても崩れない嘘はやさしくしたいため吐いた嘘

嘘つきのひっかき傷に風がしみ なんでだろうね君が好きだよ

「しょうがない、運命だもん」そんなもの信じないまま言うと気持ちいい

運命を信じる時期が過ぎてなお運命じゃないことはさびしい

 

歌:若崎しおり
カップルの歌を、連作でまた作っていきたいと思います。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。