So-net無料ブログ作成

カフェの白い壁 [短歌]



午後三時 抽象的な哀しみを紅茶の湯気とともに補充す (若崎汐里)

たれかひと 今年中には見つけてよ ここでこうして待ってるわたし (若崎汐里)

あなたには言えないことが多すぎて この窓際は指定席です (若崎汐里)

あなたには言えないことが多すぎて コップの露を指でいじめる (若崎汐里)




桝野浩一さんの「かんたん短歌blog」に投稿したものです

ああやっぱりこぢんまり~とまとまってしまう。
はみだせ!by太郎。 むずかしいな…

 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

宇津つよし

はみだすと……
戻ってくるの大変っすよ(笑)
by 宇津つよし (2006-05-27 11:21) 

みづを

>宇津さん
ども、若崎(so-netネーム:みづを)です。
きゃーっ、PDPさんだっ、あの、二枚舌住んでた場所は九段下~、
っていう、あの歌が特に好きです。
宇津さんは…はみだしてるっていうか…あの、そういう次元じゃないですよね(笑)

極意を伝授してください。
by みづを (2006-05-27 23:09) 

宇津つよし

極意と言われても……(笑)

とりあえず
興味をひいた言葉とか
風景とかをボロっと出してみて

こねくり回すのは
後回し……ということですかねぇ(笑)


「二枚舌」の歌も
二枚舌と九段下の音が似ているなぁ……
というところからだったので(笑)
by 宇津つよし (2006-05-29 00:34) 

みづを

>宇津さん

あ、これ、いいなあ! と思う歌って、どこか破調してるから、
「イタコ力(いたこぢから?)」を磨きたいです。


うーん……二枚舌と九段下って……似てますか??
そのへんがもう、脱帽です!(笑)
 
by みづを (2006-05-31 12:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。