So-net無料ブログ作成

男の傷と、失恋論 [短歌]

迷信だ 男の傷は新しい男なんかで癒やせはしない(若崎汐里)

わからないなりに理由が欲しくって「わたしのせい」と楽をしてみる(若崎汐里)

「とりあえずビール」と同じ口ぶりで「またいい人がいるさ」だなんて(若崎汐里)

「とりあえずビール」と同じことなんだ 「またいい人がいるさ」ってのは(若崎汐里)

好きで好きで ただ透明な手触りを過去にしたくて 悪しざまに言う(若崎汐里)

ああこれが恋かと胸にしみるのは 始まるまえと終わったあとと(若崎汐里)

※ こちら枡野浩一さんの「かんたん短歌blog」に投稿したものです。  
  トラバに失敗したようなので、もう一度。 複数投稿になってたらすみません。
  (以前のgooブログから引っ越しました)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 2

平賀谷友里

はじめまして。
『楽をしてみる』の歌と、『悪しざまに言う』の歌が特に好きです。
過去にしないと辛過ぎるんですね。
だから失恋って必要なのかな。
by 平賀谷友里 (2006-04-13 00:14) 

みづを

平賀谷友里さま

いらっしゃいませ、若崎(sonetネーム・みづを)です。
コメントに感想くださってうれしいです!!
好きで好きで好きな人に、まだ「好き」の最中に

 「オマエとすごした半年は俺の人生で最大の無駄だったよ」

と吐き捨てられた経験があります。つらかったですよ。
by みづを (2006-04-13 22:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。